長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J1第5節仙台vs長崎】レポート:あらゆる工夫で追い込みながら惜敗した仙台戦が示してくれた継続性への道

■明治安田生命J1リーグ第5節
3月31日(日)仙台 1-0 長崎(14:03KICK OFF/ユアスタ/13,158人)
得点者:31′ 西村拓真(仙台)
———–

ギャップを作り先手を取るための3-4-1-2のシステムは十分に機能した。2トップを相手にすると引いて構えるという仙台DF陣の特徴を突いて、スペースを使った攻撃を展開した。右サイドで危険な突破を見せていたMF古林将太には、後半からMF飯尾竜太朗をつけてしっかりと対処した。MF米田隼也投入と同時にシステムを3-4-2-1にして試合終盤は一気呵成に押し込んでも見せた。シュート数でも決定機の数でも上回った。

(残り 1086文字/全文: 1370文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ