長崎サッカーマガジン「ViSta」

田中孝司監督「今日は選手たちにご苦労さんと言いたい」高木琢也監督「今日のゲームを選手たちには振り返ってほしい」【天皇杯2回戦:長崎vs松江シティ】試合後両チーム監督コメント(全文)

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月6日(水)長崎 2-1(PK5-4)松江シティ(19:00KICK OFF/長崎市)
得点者:105’ 幸野志有人(長崎) 118’宮内 寛斗(松江)120+1’ 平松宗(長崎)
———–


●田中孝司監督(松江)
今日は、選手たちが本当によく戦ってくれて、最後に決勝ゴールを決められて敗れしまったんですが、やれること、やれないことをハッキリさせて戦うことができたと思います。相手はJ1チームで、力の差は相当にあったんですが、その中でチームとして何ができるのかが分かったので、そこを踏まえて、次はリーグ戦へ向けて頑張りたい。今日はとにかく選手たちにご苦労さんと言いたいです。。

-ゲームプラン通りの展開だったんでしょうか?
相手が3バックで、我々は4バックというシステムの中で、どう相手の攻撃・・アタッキングサードを抑えるかという所があって、そこの守備のやり方、守り方を考えていました。前半は余り良くはなかったんですが、後半はしっかりとできたと思います。攻撃面はまだまだではありますが、ある程度やれたところもあった。最後は崩れてしまったが、ある程度は我々のプラン通りにやれたと思います。

(残り 674文字/全文: 1186文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ