長崎サッカーマガジン「ViSta」

富澤雅也「難しい試合を勝つことができたのは良かった」碓井鉄平「得点がもっと入ると思っていた」平松宗「ゴールを決められて良かった」【天皇杯2回戦:長崎vs松江シティ】試合後の選手コメント

■第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月6日(水)長崎 2-1(PK5-4)松江シティ(19:00KICK OFF/長崎市)
得点者:105’ 幸野志有人(長崎) 118’宮内 寛斗(松江)120+1’ 平松宗(長崎)
———–

○富澤雅也選手
「改善点がたくさんある試合でしたが、難しい試合を勝つことができたのは良かった。相手が引いてブロックを作ってくる中で、簡単に得点を取ることができなかったんですが、その中でチームとして最低限やるべきことはやったゲームかなと思います。公式戦初出場でしたが、もっと全体を見なければいけないシーンがあったんですが、とにかく失点しないように意識をしました。

(残り 595文字/全文: 892文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ