長崎サッカーマガジン「ViSta」

【トピックス】小ネタ集No.16:「キャンプ出発前のチームをOBが練習見学」、「スポンサーミーティングで髙杉亮太がスポンサーから多くかけられた言葉は?」「ルールを微調整しながらの勝負」

普段、取材を進めていると「これは良い」「これは面白い」という話題や出来事なのに、事情があって記事化には至らないものも多い。今回は、そんな小ネタ3選をどうぞ。

チームOBが練習見学

オーストリアキャンプ出発前のある日、V・ファーレン長崎の練習場にクラブOBで、創成館高校の監督を務める久留貴昭監督が見学に訪れた。以前から公式戦の観戦やホームゲームでのヘルプなどを行なってきた久留監督だが、練習場で見学して高木琢也監督に挨拶するのは初とのこと。先に行われた長崎県高総体をV・ファーレン長崎と同じ3ー4ー2ー1で戦ったこともあり、興味深そうに練習を見学した久留監督は、監督、コーチ、かつて対戦経験のある前田悠佑選手らと笑顔で会話し、高校時代から知る徳永悠平選手や、徳重健太選手らとも挨拶をかわしていた。

画面左から高木琢也監督・田上渉強化担当・久留貴昭創成館高校監督

(残り 643文字/全文: 1087文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ