長崎サッカーマガジン「ViSta」

「日本のGKを代表して戦った川島さんを誇りに思います」ワールドカップで見えたGKというポジションの厳しさをGK増田卓也が語る。

「ミスが許されないポジション」。そう形容されることが多いGKだが、今回のワールドカップでも何度もファインセーブを見せながら、一つのミスによる失点からGkが戦犯扱いされるという理不尽にも見える光景が珍しくなかった。同じGKとしてそんな状況をどう感じるのか?そんな疑問をGK増田卓也に聞いてみると、その答えは実にシンプルなものだった。

(残り 366文字/全文: 531文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ