長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】素晴らしいJリーグデビューを果たしたDFヨルディ・バイス。そしてその起用について監督の下した決断

シドニーFCで主力として2連覇に貢献していたDFヨルディ・バイスは、望むならばオーストラリアでプレーし続けることも可能だったという。だが彼は新しいチャレンジを望んでいた。関係者によれば「オーストラリアリーグでは2連覇を達成して、やるべきことはやり終えた。だから次のチャレンジに向かいたい」という思いがあったのだという。新しいチャレンジ先を探していた彼は、代理人からの紹介という形で長崎のオーストリアキャンプに参加。そのまま契約を交わして、新しいチャレンジ先をJリーグと決める。

(残り 883文字/全文: 1121文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ