【サッカーパック人気2位】 難攻不落の水戸城を攻略せよ。ディフェンスを強調し、K’s決戦に赴くFC…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「広島はスキがないということをあらためて感じた試合だった」【J1第21節長崎vs広島】高木琢也監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第21節
8月11日(土)広島 2-0 長崎(19:05KICK OFF/Eスタ/20,285人)
得点者:45’+1柴﨑晃誠(広島)88’ティーラシン(広島)
———-

○高木琢也監督
「まず今日のゲームはピースマッチということで、広島と長崎の両方からたくさんの観客がきてくれたことと思いますが、今回のピースマッチが特別というものではなく、今後も平和について考えていきたいということを私自身も感じました。雰囲気は抜群だったと思います。そういった試合で選手たちは、やれる部分についてはトライをしてくれたんですが、やはりサンフレッチェ広島はスキがないチームでした。ただ今日のゲームは、選手たちとクラブは、ピースマッチを戦うという意味の責任を果たしたと思いますし、同時に広島はスキがないということをあらためて感じた試合だったと思います」

(残り 388文字/全文: 764文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック