田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「一番波に乗っているチームに我々のストロングを出して得点することができて、勝てたのは大きな自信になったと思います」【J1第26節名古屋vs長崎】高木琢也監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第26節
9月15日(土)名古屋 3-4 長崎(19:04KICK OFF/パロ瑞穂/18,477人)
得点者:8’鈴木武蔵(長崎)30′ 前田直輝(名古屋)48′ ジョー(名古屋)53′ 鈴木武蔵(長崎)56′ 鈴木武蔵(長崎)70′ 中村慶太(長崎)89’ジョー(名古屋)
———-

○高木琢也監督(長崎)
「正直に言うと、勝てない中でもみんな頑張ってくれていたんですが、やはり苦しい時期を過ごしていたと思います。その中で、この2週間の中でチームとして残り9試合をどう戦うかということを伝えて、それを選手が試合で出してくれたことが結果につながりました。名古屋は今、一番波に乗っているチームだと思いますが、その相手に我々のストロングを出して得点することができて、勝てたのは大きな自信になったと思います。サポーターもたくさんきてくれた中、勝利が届けられて良かったです」

(残り 506文字/全文: 895文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック