【サッカー人気1位】【聖籠ノート】~信頼回復に向けて~

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【レポート】徳永悠平と磯村亮太が語る今季の混戦と、今後の戦いへ向けて重要なこと

今季のJ1も残すはリーグ6戦。優勝争いこそ川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島の2チームに絞られてきた感はあるが、他の順位は未だに流動的で結末が見えない大混戦が続いている。


混戦の理由としては、ワールドカップの影響で各チームのエース級がリーグ戦に集中し難かった上に、日程も変則的でタイトだったことなどがあげられているが、それ以外の理由として、J1での経験が豊富なDF徳永悠平は結果が読めない点を指摘する。

(残り 637文字/全文: 838文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック