長崎サッカーマガジン「ViSta」

【トピックス】小ネタ集No.24「イメチェン?黒髪の中村北斗」「この道はあっているのか?大本が感じた島原までのアクセス」

普段、取材を進めていると「これは良い」「これは面白い」という話題や出来事なのに、事情があって記事化には至らないものも多い。今回は、そんな小ネタ2つをどうぞ。

「イメチェン?黒髪の中村北斗」

先週のトレーニングから黒髪で登場した中村北斗。国見高校卒業後は常に髪を染めていたイメージが強いが、本人によれば髪を短くして染めていると似合わないために、ときおり黒髪に染めるのだという。「男性はやっぱり、黒髪が似合いますよ」と女性スタッフに声をかけられていたが、「でも、髪が伸びてきたら結局、また染めちゃうんですよね。その繰り返しですよ」と笑っていた。

「年齢相応に(笑)」とも黒髪の理由の説明していた中村北斗

「この道はあっているのか?大本が感じた島原までのアクセス」

17日から今季初の島原でのトレーニングを開始したV・ファーレン長崎。今季加入した選手たちの大半にとって初体験となる島原でのトレーニングだが、MF大本祐槻にとっても人生初の島原とのこと。車で島原市営陸上競技場へ向かう途中は、農道や山道を通ることもあって「本当にこの先に競技場はあるのか・・」と不安もよぎったと言うが、カーナビを信じて運転してきたという。それでも到着後は環境の良さを気に入ったらしく「国見高校もこの近くなんですよね、見たいな」っと高校サッカー経験者らしい感想を口にしていた。

島原までの道中に、ときどき不安になっていたという大本祐槻

reported by 藤原裕久

長崎サッカーマガジン「ViSta」 とは

ViSta(ヴィスタ)は、V・ファーレン長崎の設立以来、クラブを最も身近で見続けてきた、スポーツライター、藤原裕久がV・ファーレン長崎の話 題を中心に、サッカーに関わる出来事を取り上げていくWebマガジンです。「V・VAREN長崎」×「Stadium」でViSta!英語の 「Vista(展望、眺望)」と同じ綴りですが、途中のSは大文字です。そこにはスタジアムを「Supporter」で埋め尽くしたいという願いを込めました。

サッカークラブには、人、街、世界を変えるだけの力があります。その力の源は、選手、スタッフ、サポーターをはじめとしたクラブに関わる全ての人たちです。そんな人たちの物語やクラブの歴史、今起きていることを伝えていきます!

【プロフィール】
藤原裕久(ふじはら ひろひさ)
長崎在住のスポーツライター。V・ファーレン長崎オフィシャルライター、Jリーグ登録フリーランスとして、クラブ公式サイトやホームゲーム時のマッチデイプログラム、サッカー専門誌などに寄稿。V・ファーレン長崎に関してはクラブ発足から関わっている。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ