長崎サッカーマガジン「ViSta」

高木琢也監督「我々のペースで戦えていても、隙を突かれてやられてしまうのがサッカーの難しさ」【J1第31節鳥栖vs長崎】試合後の記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ第31節
11月4日(日)鳥栖 1-0 長崎(16:03KICK OFF/ベアスタ/22,669人)
得点者:60’原川力(鳥栖)
———-

○高木琢也監督
「ゲームの大半は我々がペースを握ってやれていたと思うが、やはりちょっとした隙を突かれてやられてしまうのがサッカーの難しさ。全ての数字が上回っても勝つか敗けるかというのはわからないものなんですが、その中でも今日、選手たちはやれていたと思います。それでも敗れてしまった。そういうことだと思います。我々はプロなので、残り3試合しっかりと準備していきたいと思います。

(残り 609文字/全文: 877文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ