長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J1第31節鳥栖vs長崎】レビュー~死力を尽くすも、紙一重で届かなかったゴール~

■明治安田生命J1リーグ第31節
11月4日(日)鳥栖 1-0 長崎(16:03KICK OFF/ベアスタ/22,669人)
得点者:60’原川力(鳥栖)
———-

前節の磐田戦で見せた寄せの甘さを改善するための4バック。試合途中で再び変化をつけるための3バックへの移行。前からプレスを掛け合うことを想定しての、FW平松宗のスタメン起用。試合途中で攻撃に変化をつけるためのMF中村慶太、FW鈴木武蔵のベンチスタート。高さと速さのある隠し球としての鹿山拓真(特別指定選手)のベンチ入り。この2週間、長崎は完全非公開の中で何手もの戦い方を準備して、鳥栖戦へと挑んでいた。

(残り 770文字/全文: 1052文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ