本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【ショートインタビュー】中村北斗が語る高校サッカー選手権出場と選手権県予選

31日の開幕までいよいよあと2週間余りに迫った「第97回全国高校サッカー選手権大会」。その高校サッカー最高峰の舞台に国見高校の選手として、3年連続で決勝戦のピッチに立ったことがある中村北斗。今回、そんな中村北斗に当時を振り返ってもらいながら、選手権や選手権出場までの道のりを語ってもらった。

-選手権は出場するための県予選の戦いも大変だと思いますが、県予選で印象に残っていることはありますか?
高校2年生のとき海星高校と決勝戦で対戦して、延長戦までもつれ込んだ試合はよく憶えています。当時の海星は2人くらい良い選手がいて苦戦しましたね。それでも県予選で負けるとは思ってなかったですけど、県予選に限らず大会の初戦はやっぱり怖かったですよね。これ(大会)で負けたら走り(の練習)とかが来るんだなって(笑)。そっちの恐怖がありましたね。

(残り 1736文字/全文: 2099文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック