ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【アカデミーレポート】鎮西学院と長崎日大が挑む第40回九州高等学校U‐17サッカー大会

1月に行なわれた平成30年度第53回長崎県新人大会サッカー競技で、初優勝を達成した「鎮西学院」と、準優勝の「長崎日大高校」は、今週末16日から熊本県で開催される「第40回九州高等学校U‐17サッカー大会」へ進出する。

県新人戦では、昨年の選手権県予選覇者で8連覇中の「長崎総科大附属」、名門「国見高校」、今年から九州プリンスリーグを戦う「創成館高校」、昨年の選手権県予選準優勝「長崎南山」といった強豪がトーナメントの早い段階からぶつかり合う大混戦を展開。この壮絶な潰し合いを勝ち抜き、決勝へ進出した長崎日大を、「長崎明星高校」、「瓊浦高校」、「諫早商業高校」を相次いで破った鎮西学院が、1-0で振り切り優勝を達成した。

九州新人戦で、鎮西学院は、第4ブロックで鹿児島城西(鹿児島1位)、筑陽学園(福岡2位)、大分工業(大分2位)と同居。九州プリンスリーグに所属する筑陽学園が本命視されているが、鎮西学院には思いきりの良い戦いを期待したいところ。

もう一校の長崎県代表である長崎日大は、大津(熊本1位)、西原(沖縄2位)、日章(宮崎)と共に第1ブロックに所属。プレミアリーグWEST所属の大本命で、地元である大津、九州プリンスリーグ所属の日章と同居する大激戦区なだけに、日大にとって厳しい戦いが予想されている。

KYFA 男子第40回 KYFA 男子第40回・女子第1回九州高等学校( 女子第1回九州高等学校( 女子第1回九州高等学校(U-17)サッカー大会 
男子組合せ・日程(pdfファイルが開きます)

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック