大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

髙杉亮太「前後半のゲームの入りのところでやられてしまった。そこが全て」徳重健太「前半から飛ばしてくる相手が多いんで、自分たちの時間帯に持っていかないと」【J2第12節:東京Vvs長崎】試合後の選手コメント


○DF髙杉亮太選手 試合後コメント
「前後半の両方、ゲームの入りのところでやられてしまった。そこが全てかなと思います。ヴェルディがサイドに人数をかけて細かくつないでくる中で、上手くそれに対応できなかったし、取られ方も悪かった。もっと防ぎようがあったのかなと思います。(2失点してから)ある程度、切り替えだったり、速さだったり、球際だったり、そういうところで勝つ回数が増えた。だから途中から、何度かカウンター気味にはやられたが、相手を上回る回数が増えて相手に自由を与えない戦いはできたと思います」

(残り 691文字/全文: 936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック