今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【ルヴァン杯GS第6節 vs.マリノス】レビュー~長崎がマリノスに快勝し、初のルヴァン杯GS突破。想定どおりの戦い方で、想定外の結果を呼び込む~

▼『想定どおりと想定外』

V・ファーレン長崎と横浜Fマリノス。2チームの間には、伝統や歴史はもちろんカテゴリーにも選手の質でも差があることは客観的な事実だ。そんな両チームの間で行なわれるルヴァン杯グループステージ突破がかかる第6節。普通に考えれば、マリノス優位と見るのが当然だろう。

その予想を裏付けるように、ルヴァン杯グループステージ最終節のピッチには、MF大津祐樹、天野純、GK朴一圭らマリノスの主軸を担う選手たちが多く揃っていた。これを見て、マリノスが想定どおり無難にグループステージを突破すると思った人も多かったに違いない。

だが長崎はマリノスを破りグループステージを突破した。

(残り 949文字/全文: 1239文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック