サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

長崎サッカーマガジン「ViSta」

第99回天皇杯1回戦 MD長崎vs.高知U 試合後監督コメント ~「MDの強みであるセットプレーをケアしながら、粘り強くやってくれた」大谷武文監督(高知)~

「高知選手権の決勝戦を延長戦まで戦い抜いて、その上で相手のホームに乗り込んでの試合だったのですが、我々にとって最大の目標である全国地域サッカーチャンピオンズリーグと天皇杯で良いチームと戦うために一戦必勝の気持ちでやってきました。13時キックオフのタフなゲームだったんですが、MD長崎さんの強みであるセットプレーをケアしながら、粘り強くやってくれたと思います。最初から最後は総力戦になるという話をしていたんですけど、そのとおり、みんなよく走ってくれたと思います」

-あらためて決勝点となった得点シーンの感想をお願いします。(ViSta)

「ウチには(得点した)村上(魁)と何人か仕掛けられる選手がいるんですが、そこにスペースを作れる選手もいて、普段やっているシーンが出たなと。苦しい時間帯だったんですけど、そこでもう一息頑張るというところの成長面は感じることができました」

-2回戦は再び長崎に来て、V・ファーレン長崎との対戦になりますが、どういった戦いをしたいと思いますか?(ViSta)

「そうですね、また長崎ですね(笑)。先ほども言ったとおり、良いチームと対戦できることが天皇杯の目標の一つでもあるので、次にJリーグのチームと戦えるのはありがたい経験になると思います。だからこそ普段と違うことをやるのではなくて、普段から大事にしていることを精一杯出したいと思います」

-前半より後半の方が優位に戦えていましたが、その要因は何だと思いますか?(共同通信)

「ハーフタイムに選手を交代させる選択肢もあったんですけど、中盤の運動量が少ないと感じていたので人の配置を入替えることにしました。それに前半は、アウェイを意識して積極的な戦いができていなかったと思います。後半はウチらしい戦い方ができたと思います」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック