今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「自分たちにとって嫌なことに付き合ってしまった。新しい逞しさをまた積み上げていかないと」【J2第17節:長崎vs岡山】試合後の記者会見コメント全文


○手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

ロングボールやセカンドボールにも対応していたんですが、ボールを奪ったあとのオープンな展開のときにパスの出し所を探して時間をかけてしまったり、相手にボールを渡してしまったりして、相手に勢いを与えてしまった。相手のプレッシャーが来たときに苦し紛れに蹴ってしまったなと。一戦一戦、勝ちを積み上げてきた中で、それを大事にし過ぎたと思います。前半、裏へのボールを(イ)ジョンホ、呉屋(大翔)に出せなかった。

ビハインドを負った後半から仕掛けることを優先していったが、(その代償として)カウンターを食らうのがサッカー。岡山は後半開始から序盤の時間帯に一番多く得点をしているんですが、その岡山の特徴を出させてしまったなと。0-2からでも勝てると思って采配して、(交代選手による)2枚替えからいろいろと手を打ってチャンスを作ったんだけど、カウンターで3点目を奪われてしまった。でも3失点しても肩を落とさずに2点を取った。それを前半から出せれば勝てるよという話は選手にはしました。

ここまで勝ちを積み上げてきていたんだけど、今は負けも必要だったと考えて、新しい逞しさをまた積み上げていかないと。でもホームではもう負けたくないね。次のアウェイゲームを勝って、そこからまた勝ち続けたいと思います。

(残り 772文字/全文: 1332文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック