今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J2第27節:琉球vs長崎】 プレビュー~下位に2連敗後の琉球戦。危急存亡のときだからこそ、攻撃的に攻めて連敗を止めたい~


▼『危急存亡のとき』

小まめに現場へ通い確信していることの一つに、「スポーツマンは悩みがあると、トレーニング後に一人で走る」というものがある。もちろん例外はあるのだけど、大抵の選手、監督、スタッフはそうだった。

J2第25節の愛媛FC戦に敗れた翌日、練習を終えた手倉森監督が珍しく一人でグラウンドを走っていた。人前では常に前向きで笑顔を絶やさない監督だが、練習や試合のときには、稀に鋭く、厳しい表情を垣間見せることがある。グラウンドを走る手倉森監督の表情は、まさにそれだった。

(残り 1364文字/全文: 1600文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック