監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J2第27節:琉球vs長崎】レビュー:~荒天の中、狙いどおりの展開を見せるも、まさかの逆転負け。課題克服はまだ途上なのか~

▼『痛恨の敗戦』

10日、沖縄県のタピック県総ひやごんスタジアムでJ2第27節を戦ったV・ファーレン長崎は、荒天の中で2度に渡ってリードを奪いながら2度とも同点に追いつかれ、アディショナルタイムに一人少ない状態の琉球から決勝ゴールを決められ逆転負け。リーグ2連敗から脱し、上位浮上へ向かいたかった長崎にとって、痛すぎる今季12敗目でリーグ3連敗となってしまった。

(残り 1526文字/全文: 1706文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック