監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「チャンスを決めきれずにPK戦までもつれてしまったのが敗因。でも三重の選手たちは本当によくやってくれました」【天皇杯3回戦長崎vs三重】上野展裕監督(三重)記者会見コメント全文


○上野展裕 ヴィアティン三重 監督試合後 コメント

「台風が来ている中で2700名ものお客さんが来てくださいました。ありがとうございました。それに三重の方からもたくさんのサポーターが来てくれたこと、ありがとうございました。試合については前半に二失点してしまったんですけど、選手たちが頑張って、セットプレーからですが、2点を取って折り返すことができました。後半にも得点のチャンスがあって、延長戦でもチャンスがあったんですが、それを決めきれずにPK戦までもつれてしまったのが敗因かと思います。しかし、長崎さんは力のあるチームですし、三重の選手たちは本当によくやってくれたと思っています」

-今日はどういったゲームプランを考えていたんでしょうか?(ViSta)

「いつも自分たちがやっていることをやろうと話してゲームに入りました。しかしながら、前半は我々のコンセプトを徹底することができずに、2点取られてしまったと思っています。全員攻撃・全員守備でやるべきところを、間延びしてしまって相手のカウンターを受けてしまいました」

-天皇杯で2得点していた坂井将吾選手が欠場した影響をどうお考えですか?(ViSta)

「ワンチャンスありましたからね(笑)。彼がいたらというのはあります。ですがそれは、たら・ればになりますから。彼の代わりに出場した藤牧(祥吾)も原口(拓人)もよく頑張ってくれたと思っています」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック