本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J2第31節:長崎vs福岡】レビュー ~攻守激突のバトル・オブ・九州。秋野ー呉屋のリオ世代ラインが、福岡の守備をこじ開け長崎が3連勝を達成。~


▼『バトル・オブ・九州』

9月7日に、ホームのトランスコスモススタジアム長崎で行なわれたJ2第31節のアビスパ福岡戦は、接戦の末に1-0でV・ファーレン長崎が勝利した。

福岡からも多くのサポーターが詰めかけた中で行なわれた福岡とのバトル・オブ・九州は、「イメージしていた九州ダービーではなかったなと。もっと仕掛け合う試合になると思った」と手倉森監督が評したように、長崎がボールを持って多くの時間を攻める展開だったが、1点を巡って体を張るシーンも多い好ゲームだった。順位に関係なく、こういったゲームを戦えたのは、チームにとって良い経験と言って良かったろう。

長崎にとって今季ラストのバトル・オブ・九州だった福岡戦を勝利したことで、長崎のバトル・オブ・九州の今季通算成績は3勝2分1敗。試合結果的にも観客動員的にも悪くない成績だと言えるだろう。

(残り 1473文字/全文: 1840文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック