長崎サッカーマガジン「ViSta」

畑潤基「まだまだ歴史は塗り替えられる。新国立競技場のピッチに立ちたい」鹿山拓真「この試合と経験忘れずに、また練習から頑張っていきたい」【天皇杯:長崎vs仙台】試合後の選手コメント


○FW畑潤基選手 試合後コメント
「(ゴールは)気持ちで押し込んだ。

(残り 648文字/全文: 680文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ