【サッカー人気3位】サイゴンFCのビン会長、J3クラブの買…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【トピックス】小ネタ集2019.No.16「長崎総科大附属の後輩たちの心境を思いやっていた吉岡雅和」、「13-2だけど、20-13で負け!? 国見高校での思い出を語る徳重健太」

普段、取材を進めていると「これは良い」「これは面白い」という話題や出来事なのに、事情があって記事化には至らないものも多い。そんなネタを紹介する小ネタ集。今回は、週末に行われる高校サッカー選手権長崎県大会に関する小ネタ2つをどうぞ。

『長崎総科大附属の後輩たちの心境を思いやっていた吉岡雅和』

週末に行われる全国高校サッカー選手権長崎県大会決勝に、母校の長崎総合科学大学附属高校が出場する吉岡雅和。大会前に新人戦、県高総体と負けが続く後輩たちについて「小嶺先生も不満だと思うんで・・後輩たちの心境は・・怖い・・いや、察するに余りありますね」と沈痛な面持ちで語っていただけに決勝進出に安堵していることだろう。

(残り 978文字/全文: 1278文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック