【サッカー人気5位】【山雅探報】元川悦子と激論。柴田新監督…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】あらためて、髙田明前社長の存在を考える~その最大の功績は何か~

今年1月1日をもって、V・ファーレン長崎の5代目社長だった髙田明氏が社長を退任した。在職期間は約2年半。その間にクラブはJ1昇格とJ2降格、Jクラブとなって初の監督交代などを経験した。今回あらためて、髙田明社長がどういった存在だったのかを考えてみたい。なお、ジャパネットグループ創業者であり、通販事業におけるカリスマとしての同氏については、さまざまなところで語られているので、ViStaでは、V・ファーレン長崎というJクラブの社長としての部分にフォーカスしたい。

昨年末の新体制発表会見。明社長から春奈新社長へクラブのトップがバトンタッチ

(残り 1971文字/全文: 2308文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック