【サッカー人気4位】「待ちに待ったJリーグ再開が決まり、ワ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【ショートインタビュー】村上佑介 V・ファーレン長崎U18監督 後編~学びこそが、目指す監督像~「改善点を学んだり、試合で相手の良いところを盗んだりしていきながら、自分の指導力を高めていきたい」

前編はこちら

-今年からU18の監督に就任したわけですが、今年のU18はどんな点が武器になると思っていますか?

「アカデミーの選手たちもトップチームを見ているというのがあるので、みんなハードワークのところは間違いなく武器にできるとは思います。でも、まだまだ全然足りないところもあるので、そこはもっとやらないと。あとは真面目さですね。そこはみんな頑張っていると思います。でも、そこは良い部分でもあるんですけど、課題にもなるのかなと。高いレベルでは、駆け引きや抜け目のなさが必要になってくるんでですね。そこに関しては、僕も、(原田)武男さん(ヘッドコーチ)も、コモさん(小森田友明)さん(コーチ)も、Jリーグでやっていたので、プロの抜け目なさを伝えていけたらと思っています」

-今年は、村上監督・原田ヘッドコーチ・小森田コーチと、Jリーグで活躍したスタッフが多いのもU18の特徴ですね。

「この日は武男さん、別の日はコモさん、また別の日は僕というふうに、今は3人それぞれが中心となって、トレーニングを行えるようにしています。その方が子どもたちにも刺激があると思うし、ローテーションじゃないけれど、3人それぞれの特徴を出していく方がバランスも良いのかなと」


-村上監督をリーダーにしながら、コーチ陣の特徴も最大限に生かす指導ですね。

「僕は初めての監督ということもあるし、経験なんかでも武男さんとかの方が上だと思っています。そこで自分が監督だから・・というのではなく、全てを勉強しながら、武男さんやコモさんの力も借りて、成長しながらやっていきたい。実際にトレーニングで行き詰まったときに、良いアドバイスをもらったこともありますしね(笑)。自分的にも、子供にとっても良い環境だろうし、ここはU18の強みになると思ってます」

-現役のとき「支えるキャプテンというより、支えられて一緒に戦っていくキャプテン」と自らを語っていました。監督となった今、どんな指導者を目指したいですか?

「武男さんやコモさんの力も借りながら、自分のこだわりを出せるようにやっていきたいとは思っています。学ぶ監督みたいな感じですね。改善点を学んだり、試合で相手の良いところを盗んだりしていきながら、自分の指導力を高めていきたい。相手のウィークを分析して突くという部分は現役のときから得意だったし、U15でコーチをやっていたときもできていたと思うので、そこをうまく出しながら、自分たちの良さを出していきたい」

-U18はチームとしての成績以外に、選手のトップ昇格という目標もあります。

「そうですね。でも、ここで試合に出るだけが目標ではないので、外に目を向けようという話はしています。ここで試合に出られたから良かったで終わりじゃない。一歩外に出て、九州でどれくらいできるかとか、もっと外ではどうなのか、常に外にも目を向けようと。今、トップチームの練習に参加できている選手もいるんですけど、まだトップで通用していないわけですから。そこに目を向けて普段からやっていかなければ。そしてトップチームの練習で参加して得たものを、回りにも還元してほしい。そんな風に考えています」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック