【サッカー人気4位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【ショートインタビュー】五月田星矢(V・ファーレン長崎U18) ~キャプテンとして見据える二つの目標~ 「チームとしてはプレミア昇格。個人としてはトップ昇格。結果にこだわりたい」

村上佑介新監督の下で新シーズンに挑むV・ファーレン長崎U18で、新キャプテンをつとめる五月田星矢。昨年からボランチの絶対的なレギュラーとして活躍し、2種登録もされた新チームのエース候補は、U18の最終年となるシーズンに何を目指すのか。今回、ViSta(ヴィスタ)では、チームとして、プレーヤーとしての目標を語ってもらうことにした。

-新チームでキャプテンとなりましたが、どういうキャプテン像を目指していますか。
「行動でも発言でもチームを引っ張っていけるような存在、そういうキャプテンになりたいと思っています。それは、自分一人で突っ走っていくような意味ではなく、チームを引っ張っていきながらも、しっかり周囲の声や意見も聞いていきたい。みんなでチームを作っていきたいと思っています」

-キャプテンとして感じる、今年のチームの特徴を教えてください。

「特徴ということで言えば、本当に団結力があるチームだと思います。選手一人一人の意欲も高いので、それが一つになったときは本当に強い。でもまだまだ足りない。そこはもっと高められるとも感じています。自分が中心になって、チームをもっとまとめて、強いチームを作っていきたいです

-一人のプレーヤーとして、今年はどんな点を心がけてやっていますか。

「自分のプレースタイル的にも、ゲームを作っていく役割というのが求められると思うので、その部分でトップチームでも通用するプレーというのを心がけています。トップチームで通用するプレーをプリンスリーグでも、他の大会でも出していきたい。今年は常にトップチームを意識してやっていくつもりです」

-トップチームには去年、2種登録をされましたし、今年もキャンプから練習参加していることが増えています。

「そうなんですけど、まだ自分の中では、自信を持ってプレーできていないのが正直な感想です。そういう自信をつけるためにも、日々のトレーニングや試合でのアピールが必要なのかなと思っています。そこを積み重ねて自信にしていきたい。それにトップチームに練習参加して、日々のトレーニングや私生活でも常にサッカーを意識することが大事だと感じたので、そこは自分もやっていきたいです。そういうところが、プロへの一番の近道になると思うので」

-トップチームの練習試合を見た関係者は「よく首を振って周囲を見ている」と評価していました。

「U18に入ってから、そこは監督やコーチ陣にずっと言われてきたところなので、自分の中でも意識してやってきました(笑)。ある程度無意識にやれるようになってきたと思います。でもまだ足りないと思うので、そこは常に意識して、これからもやっていきたいと思います」

-U18の最終年ということで、トップチーム昇格を目標にしていると思いますが、そのために取り組んでいきたいのはどんな点ですか。

「チームとしても、個人としても結果にこだわっていくことは大事になると思っています。自分の特徴やプレーも結果が出てこそ、周囲にわかってもらえることだと思うので。その中でチームを引っ張って行くことを意識していきたいです。それがトップチームへの昇格にもつながっていくと思います」

-最後に、あらためてチームとして、選手としての今年の目標を教えてください。

「チームとしてはプレミアリーグ昇格が目標です。チーム全員で常にそこを目指してやっていきたい。個人としてはトップ昇格するために、選手としても、一人の人間としても全ての面で成長していきたいと思います」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック