【サッカー人気3位】今後サガン鳥栖に何が起きるか経営的な部…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「にらみ合うようなサッカーの中で、一瞬のスキを突く武器が京都にあった。そこが難しいところであり、そこをしのげたのが今日の良いところだった」【J2第7節:長崎vs京都】試合後の記者会見コメント


手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

*質問文末の()内は質問媒体名

(総評)
上位対決で力のある京都に対し、スタイルを持って戦おうという話をして試合に入りました。互いに駆け引きをしながら攻め合う、気の置けないゲームだったと思います。互いに決定機を作ったんですけど、ゴールを割れたのは1ゴールだけ。それが長崎の得点だった。

後半に追加点を決めていればというところはありますけど、決めれない中でどう対応するかということをやらねばならないし、そこについては反省しなければいけないゲームでしたね。それでも負けずにきていることには、選手に感謝をしたい。サポーターにたくましく戦って、結果をつないで見せることで希望になれればと思います。

(残り 453文字/全文: 768文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック