長崎サッカーマガジン「ViSta」

亀川諒史「後半に得点チャンスがあったのに決めきれなかった。そこは最近の課題」氣田亮真「コンディションの良い自分が、チームを勝たせなければいけなかった」【J2第18節:甲府vs長崎】試合後の選手コメント


亀川諒史選手 試合後コメント

アウェイ連戦の初戦と2戦目で、先制したのに追いつかれていたので、その悔しさを持って入った試合でした。勝たねばならないゲームだったと思います。その中で1失点目をセットプレーでやられてしまったんですが、あそこは絶対に守らなければいけなかった。そこは反省すべきシーンだったと思います。それに後半に得点するチャンスが多くあったのに、決めきることができなかった。それは最近の課題になってきていると思いますし、アウェイ3連戦の結果は、そこが直結していると思います。

(残り 494文字/全文: 733文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ