【サッカー人気3位】もしあなたのクラブの選手が「政治的発言…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「一進一退の戦い。コンパクトさを意識してゲームを進められた。次に首位に立ったときに、もう首位を明け渡さないための準備を構築したい」【J2第19節:長崎vs磐田】手倉森誠監督記者会見コメント

手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

*質問文末の()内は質問媒体名

(総評)

5連戦目の最後の試合が、力のある磐田との対戦。入りが重要になるという話をして、前半はボール動かして、相手を動かしてという長崎らしい仕掛けが出て良かった。でも、さすがに磐田はそれに対応してきたなと。一進一退の戦いで、悪い仕掛けをした方がピンチを招く戦いだった。互いに集中力を高くしてしまったゲームをしたと思います。

5連戦の最後にこういう試合ができるしぶとさを示せたのは、これから先につながっていく。ただ、前節からシュートが枠にいっていないので、その課題を見つめて、もう一度5連戦へ仕切り直していきたい。入場者も増えてきている中、結果的に足踏みをしている状態なんですが、県民と一緒にホームでの勝ちを取れるように頑張りたい。

(残り 939文字/全文: 1291文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック