【サッカー人気4位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【アカデミーレポート】スーパープリンスリーグ九州 日章×V・V長崎U-18 試合後コメント「選手がファイトしてくれた。ハードワークの良い部分が出た試合(村上監督)」「自分らDF陣が無失点に抑えれば勝てると意識していました(川本将央)」


V・V長崎U-18 村上佑介監督 試合後コメント

「選手がファイトしてくれて、それで相手が思うようにいかずイライラする状況になった。最後まで粘り強くやってくれたと思います。トップチームから一貫しているハードワークの良い部分が出た試合だったと思います。お互いに4-4-2のミラーゲームで、精度の高い方が勝つぞと選手には話していました。去年、日章には負け越しているんで、それもあって、すごく気合いが入っていたと思います。去年負けた相手には勝たなければいけないと話して、(去年、長崎に勝っているとという日章の気持ちに)付け込んでいこうと話していたんですが、本当に選手たちが付け込んでくれて、パワーを出してくれた。前節より精度が高い試合だったと思います。このチームはミーティングでやってほしいことを話せば、やってくれる。良い判断もできるように成長してきた。自分ももっと成長しなければなと。次の神村学園戦で当然3連勝を狙うんですけど、相手のフォーメーションも選手変わってくるので、選手全員に期待ですね。自身を持って18人を連れてきているので、誰が出てもやってくれると思います」


DF川本将央 選手 試合後コメント

「攻撃陣が得点を決めてくれるので、自分らDF陣が無失点に抑えれば勝てる。そこを意識して、試合前から強い気持ちを持って挑みました。去年も日章とは戦っているので、特徴が分かっていたし、相手が立ち上がりに攻勢に来るのも分かっていた。そこを頭に入れて、絶対にやられないように、チームの中で声をかけ合ってやっていきました。木脇選手なんかは、足下にボールが入ると厄介なので、そこは徹底的にやらせないようにしました。相手が足下につけるボールがくるときは、必ず自分たちが前にいくことを考えました。今日の試合を無失点なのは良かったと思いますけど、まだまだ甘いところもあった。もっと高いレベルの相手ではやられてしまうので、もっと頑張っていかなければ。DFとして、リーグ戦を通して失点しないという責任があると思っています。ですから、ここからも目の前の試合を無失点に抑えつつ、副キャプテンの一人としてチーム全体のことを考えていきたいです」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック