【サッカー人気4位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【アカデミーレポート】スーパープリンスリーグ九州 神村学園×V・V長崎U-18 試合後コメント「課題もあったが前向きな勝ち点1としたい(村上監督)」、「DFとコミュニケーションを取りながら戦えたのが良かった(GK首藤選手)」

V・V長崎U-18 村上佑介監督 試合後コメント

「勝ち点を3もらえたはずが、自分たちの決定力のなさというか、最後の質のところで引き分けてしまったなと。相手にPKを与えてしまうというネガティブな部分もあったんですけど、ポジティブな部分もあったので前向きな勝ち点1としたいと思います。強風に関してはあまり問題になりませんでしたが、中1日というスケジュールや、相手がBチームだというメンタル的な緩みがあったのかなと。後半に(五月田)星矢が入ってから試合が締まったところもあったので、そこはチームとしての課題でしょうね。それでも最後までよく走って負けなかったのは良かったと思います。雑草魂を持ったコーチ陣が多いので、走ることは常に求めていますし、走れないとチームの戦いができないことも選手には伝えています。それがチームの色として出ているのかなと。最初は走れない選手も多かったんですが、そこは成長していると思います。次の試合に星矢と(安部)大晴が出場するかはわからないんですが、他のメンバーでもやれるということを証明したいですね」

GK首藤光翼 選手 試合後コメント

「試合は引き分けだったんですけど、DFの選手たちとコミュニケーションを取りながら戦うことができたのが良かったかなと思います。試合前のアップの時点から風が強くて、その影響があるかもしれないとは思っていました。なので試合では慎重にプレーすることを心がけました。PKのシーンでは(DFの)足が出てしまってファウルを取られたんですけど、厳しいシーンだったので仕方ない場面だったと思いましたし、自分がPKを止めてやろうと。相手が外したので良かったと思います。自分はGKとしては背が高くないので、キックやセービングといった部分を磨いて、将来はアカデミーからGKとして初めてトップチームへの昇格ができるようにやっていきたいと思います」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック