【サッカー人気4位】新著『フットボール風土記』が求められる…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J2第25節:長崎vs山口】レビュー~自作自演の乱打戦。攻撃の万能カード玉田圭司を駆使して、長崎が制する~

▼『フォーメーション・スタメン』

11月最初で唯一のホームゲームを戦う長崎は、前節にレッドカードを受けたフレイレの出場停止、ベテラン勢の故障などを受け、鹿山拓真が今季2度目の先発出場。トップ下にはルアンを配しての4-2-3-1のフォーメーション。対する山口は前節のスタメンに、高于洋と真鍋旭輝が先発に入っての4-2-3-1。同じシステムのミラーゲームで試合はスタートした。

(残り 2178文字/全文: 2363文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック