【サッカー人気2位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「11月からはアウェイで4試合、ホームで9試合。アドバンテージを生かすために、何が何でも10月の残り2試合で勝ち点6を取る」【J2第27節:北九州vs長崎】試合後の記者会見コメント


手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

*質問文末の()内は質問媒体名
(総評)

北九州の機能的な攻撃に対応しながら、人数をかけてくる守備に対してカウンターを仕掛けられるように3-4-3にして挑んだゲームで、狙いどおりにチャンスを作ることはできました。それでも一進一退の中で先に失点するあたりがアウェイ(の厳しさ)だなと。
試合をトータルで見ると引き分けなくても良いゲームで、先制されたあとも攻めて引き分けて同点に追いついた。どちらが上位に食らいついていくかという中での引き分けだったんですが、われわれは今日のゲームを糧にして、アウェイに勝ち点3を取れるように、10月の残り2試合を勝っていきたい。

(残り 706文字/全文: 1006文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック