【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「久々にバイタルエリアからの仕掛けでPKやFKを得られるゲームで、流れの中からも得点をして勝つことができた。ここから反撃開始だなと」【J2第28節:愛媛vs長崎】記者会見コメント

手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

*質問文末の()内は質問媒体名

(総括)

敵地での戦いを警戒して、愛媛の攻撃的なスタイルに対応しながら隙を突いてという戦いも想定していたんですけど、こちらが攻勢に出て、愛媛が対応していくという形でゲームが進んだと思います。そこはちょっと意外でしたね。

こちらがボールを持てたときに、焦れずに戦うのが大事だと言っていて、前半こそゴールが取れなかったんですが、焦れなかった結果として、後半立ち上がりに得点を取れたんだと思います。それでも同点にされたときは、アウェイの難しさを今節も感じるのかとなったんですが、(氣田)亮真の仕掛けから追加点が取れた。

今日のゲームは、久々にバイタルエリアからの仕掛けでPKやFKを得られるゲームで、流れの中からも得点をして勝つことができました。次のアウェイ4連戦ラストのゲームも良い形で進めていきたいと思います。

(残り 881文字/全文: 1271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック