【サッカー人気5位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「残りの試合でJ1昇格へのメイクドラマを描こうと話をしていた。今日の勝ち方が、昇格へのメイクドラマのベースになる」【J2第35節:千葉vs長崎】試合後記者会見コメント

手倉森誠監督(V・ファーレン長崎)試合後コメント

*質問文末の()内は質問媒体名

(総評)
選手たちには、残り8戦でJ1昇格へのメイクドラマを描こう、そして前節負けたことにも意味があるんだという話をしていました。今われわれは、昇格の際(きわ)にいるんだけど、そこに立たされた者のパワーを出せれば良いんだと。今節はわれわれの勝敗に関わりなく1位と2位の順位が変わらない中で、ボールを握られても焦れずに、数少ないチャンスで仕留める千葉のプレーに対応できるかが大事になる試合でした。選手たちはそこを理解して、手堅く、厳しさを持ってゲームをしてくれました。前半の攻めをしのいで、1点を奪うゲームコントロールを示して、ここからの戦いで必要になる姿勢を示してくれた。今日の勝ち方が、昇格へのメイクドラマのベースになると思います。

(残り 1102文字/全文: 1457文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック