【サッカー人気4位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】そろった今年の戦力。2021シーズン、V・ファーレン長崎の陣容はどうなるか

どうにかだが、なかなかの体制を整えることができたのではないだろうか。

昨シーズンは、チーム得点王の呉屋大翔が流出し、2017シーズンのJ1昇格や、2018シーズンのJ1での戦いを支えた髙杉亮太・翁長聖・島田譲・黒木聖仁らが去る一方、秋野央樹・ビクトルイバルボの完全移籍への移行や、ルアンマドソン・フレイレ・二見宏志・富樫敬真らが完全移籍で加入。はた目から見てもわかる大転機だった。

主力では氣田亮真が離脱

今シーズンは、主力の流出・コーチ陣の刷新・契約の遅れなどもあったが、昨年ほどの激震に見舞われることはなかった。

(残り 1340文字/全文: 1664文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック