【サッカー人気4位】「たまたま4試合を預かった立場。結果も…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】2月1日に思う、去る人と残るクラブのこと。

2月1日がやってきた。プロサッカーの世界では1月31が契約の一つの区切りであることが多い。とは言え、実際には1月31日まで契約がある選手も、早めに移籍先へ合流するし、残っている有給を1月31日から逆算して消化するスタッフもいるので、実質的な退団や退社の日はそれぞれだ。

今年は多くの見知ったスタッフたちがチームを離れた。有明SCがV・ファーレン長崎となって以来、ずっと傍らで見てきたが、近くで接してきたスタッフがこれだけ一斉に去ったシーズンというのは、なかなかに珍しい。

(残り 1510文字/全文: 1744文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ