【サッカー人気3位】リカルド監督が7連戦を戦い抜くために必…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】九州新人戦で国見と創成館を取材して感じたこと

「去年はこういうふうに大会ができなかったから、開催できて良かった」
「やっぱり大会があっているだけで楽しいですね」

九州新人戦を取材をしているとき、関係者のそういう声が何度も聞こえてきた。会場は無観客で、好プレーに送られる大きな拍手や、控えの選手たちが歌うチャントもないが、間違いなくそこには、見慣れた例年通りの高校サッカーの姿があった。

優勝した国見高校は決して盤石というわけではなかった。故障者も多く、調子の波もありベストとはほど遠かったのが実情だろう。それでもいろんな個性の選手をうまく使って、しぶとく勝ち進んだのが大きかった。昨季の高校サッカー選手権県予選で、1・2年生を多く起用して戦ったおかげで、選手たちが高い目線を持っていたのも良かった。昨年、試行錯誤したことが確実に今年に生きているのだと思う。

現1年生(新2年生)ながら10番を背負う国見の北村一真

関係者をして「化け物」と評される北村一真は随所に大器の片りんを見せたし、FWの相棒である日髙希星が欠場した中でも、本川璃空は存在感を見せつけた。山田純大も試合を重ねる中で自信を増しているようだった。川添空良や福田皓大といった面白いタレントもおり、彼らをはじめとするポテンシャルの高い選手たちと、積極采配が優勝という結果を呼び込んだのだろう。

国見の主力FW本川璃空。前線での走力が高い

予選リーグで敗れたとはいえ、創成館も着実にチーム力を増していた。エースナンバー8を背負う村田楓は、県大会のときよりも安定感を増していたし、立川蒼真のドリブルのレベルの高さも存分に示せた。永田健人もGKとして着実に成長していた。ただ自分の武器の使い所や、チームの中での立場や役割がまだ理解できていない部分もあり、それがチームの不安定さにつながり、準決勝進出を達成できなかったように思う。

選手権でもプレーし、新チームのキャプテンとなった永田健人

恐らく今がチームとして成長するための我慢どきなのだろう。ここでの試行錯誤が先に通じることを信じていってもらいたい。そして、そんな状態でも県外の強豪と互角に戦えることを思うと、すでに創成館は県だけでなく、九州の強豪となりつつあるのだなと感じた。

創成館のエースナンバーを受け継ぐ村田颯

最後に、新人戦県大会に続いて試合運営をおこなったサッカー関係者・長崎県サッカー協会には、深く感謝をし、その働きをたたえたい。また自分たちのチームの戦いを見られないこともある中で、今大会の試合設営・運営のために部員をボランティアとして数多く派遣した国見高校サッカー部と部員たちにも深く感謝をしたい。

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ