【サッカー人気3位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

吉田孝行監督「開幕戦は難しいもの。勝ちながら修正できることをポジティブにとらえたい」【J2第1節:長崎vs金沢】試合後の記者会見コメント

○吉田孝行監督(V・ファーレン長崎)

(試合総括)

前半に関しては、描いていたプラン通りに進んで2対0で折り返すことができました。後半は、もう少しボールを持ちたかったというのはあるんですが、相手にボールを持たれて、こちらの運動量が落ちて、ファースト(ディフェンス)が下がってしまい悪い流れになりました。失点もゴールキックからつなごうとしたところをミスしてのもので、我慢の時間が続いたと思います。ただ開幕戦は難しいもので、自分も過去にそういう経験を何度もしてきましたし、去年もそうでした。その中で勝ちながら修正できるということをポジティブにとらえていきたいと思います。

(残り 706文字/全文: 987文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ