現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

カイオセザール「コンパクトな形からパスを出すことを狙った。後半は疲れが出た」毎熊晟矢「前半は相手のポケットを狙うことが出せた」【J2第1節:長崎vs金沢】試合後の選手コメント


○カイオセザール選手(V・ファーレン長崎)

監督の指示のとおり、チーム全体が選手間の距離を短くしたコンパクトな形の中で、自分と秋野(央樹)が中盤からスペースを探してパスを出すことを狙いました。

(残り 587文字/全文: 682文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ