【サッカー人気5位】過去2年最も低調な内容

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「思いが伝わった試合。(守備の)穴を空けずにやることを狙っていました」【J2第6節:長崎vs甲府】吉田孝行監督記者会見コメント

吉田孝行監督(V・ファーレン長崎)

(試合総括)
今週は選手がミーティングをやってくれたり、クラブが練習を公開して、サポーターが来てくれたりということがあったんですが、そういう思いが伝わった試合だったと思います。もちろん、やりたいサッカーはあるんですが、2試合続けて複数失点が続いていたので、慎重にゲームに入らなければというのはありました。後半はなかなか前にいけなくなってしまったんですが、最後まで選手たちが頑張ってくれたと思います。

(残り 578文字/全文: 793文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ