【サッカー人気3位】戦い方の変更と闘志の大切さについて

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【コラム】リーグ序盤を終えた時点での、V・ファーレン長崎新加入選手8名の評価

今シーズンのJ2もすでに6試合が終了し、とりあえず序盤戦が終了した。V・ファーレン長崎はスタートダッシュに失敗し、出遅れてしまった感があるものの、リーグはまだ始まったばかりで、悲観論に走るのは早計だ。

例年、大量に選手のIN/OUTが繰り返されてきたV・ファーレン長崎だが、今シーズンは異例とも言える新加入選手が少ないシーズンとなった。新体制発表の時点では、アカデミーからトップ昇格した五月田星矢を加えても5名で、その後に安部大晴を2種登録し、氣田亮真の移籍を受けて、急きょ山崎亮平・ウェリントンハットを相次いで獲得したが、それでも8名である。今回はそれら8選手について、リーグ6試合を終えた時点での働きぶりについてそれぞれ評価をしてみたい。

(残り 1750文字/全文: 2070文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ