【サッカー人気1位】杉本健勇はフォーメーション練習では3ト…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

毎熊晟矢「相手が戦い方を変えてきたときに、もっと自分たちで修正しなければ」富澤雅也「無失点の試合がないので、強い気持ちを持って挑んだが至らなさを感じた」【J2第10節:長崎vs東京V】試合後の選手コメント

毎熊晟矢選手(V・ファーレン長崎)

前半に比べて、後半はこちらの圧がかからなくなってしまったと思います。(新里)亮くんやナグ(名倉巧)とか、何人かの選手は修正していたんですが、チーム全体としての修正ができなかったと思います。飲水タイムに亮君を中心に修正しようと話をしたんですが、疲れもあって、圧をかけきれなかった。

(残り 481文字/全文: 637文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ