【サッカー人気1位】降格圏でも悲観する必要ナシ。3-4-2…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

吉田孝行監督「前半はファーストディフェンスが緩くなった。後半はチャンスを作ったが決めきれなかった。結果的に敗戦となってしまいサポーターに申し訳ない。」【J2第11節:水戸vs長崎】試合後の記者会見コメント

吉田孝行監督(V・ファーレン長崎)

(試合総括)
前半に関しては、非常に難しいゲームになったと思います。そこからハーフタイムに中断の時間があって、後半は前からいかなければならない状況になった中、数多くのチャンスを作ることはできました。そこで得点があれば、もっと勢いが出たと思うんですが、結果的に敗戦となってしまい、現地で応援してくれたサポーター、長崎から応援してくれていたサポーターに申し訳ないと思っています。

(残り 562文字/全文: 765文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ