【サッカー人気2位】痛恨のミス連発で逆転負け。それでも、チ…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

富澤雅也「イメージどおりにならず受け身に回ったが、辛抱強く戦えた」、エジガル ジュニオ「チームは監督が求めることを迷いなくやれている。それが良いサッカーと連勝という結果になっている」【J2第17節:相模原vs長崎】試合後の選手コメント


○富澤雅也選手(V・ファーレン長崎)

早い時間帯にリードしたんですけど、ゲーム展開がイメージどおりにならず受け身に回ってしまったと思います。その中で、辛抱強く戦えたのは大きいし、課題はあるんですが、我慢強さを出せたのは良かった。やるべきことを選手が全うしたことでこの結果になったんだと思います。

(残り 600文字/全文: 746文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ