【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「プレッシングをどうかいくぐるかが、われわれのミッションだった。選手がうまく対応してくれた。臨機応変な判断も出てきたのも今後の好材料」【J2第19節:栃木vs長崎】松田浩監督記者会見コメント全文

〇松田浩監督(V・ファーレン長崎)
(試合総括)
栃木さんの強みは前からのプレッシングということで、それをどうかいくぐるか、それがわれわれのミッションでした。前半は多少戸惑ったというか、馴れないというか、トレーニングと本番の違いもあって、大事にいこうとし過ぎたんですが、時間とともに馴れてきて、良い配置が取れるようになりました。栃木は長いスプリントを駆けてくるので、その間に準備することができると思いましたし、問題なく対応もできました。そういう意味で相手の良さを出させないで有利に戦えたと思います。その中で先制して、ほしいなと思っていたセットプレーで追加点が取れました。今日の試合は、セカンドボールがキーワードだったんですが、選手たちは集中してやってくれたと思います。

(残り 1234文字/全文: 1566文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ