長崎サッカーマガジン「ViSta」

ウェリントンハット「磐田が難しい相手というのはわかっていた」、江川湧清「やれるところもあったが、リスク管理で磐田の方が上だった」【J2第20節:長崎vs磐田】試合後の選手コメント


○ウェリントンハット選手(V・ファーレン長崎)

ジュビロ磐田が難しい相手というのはわかっていて、この一週間しっかりと準備をしたんですが、相手にはボールを回せる質の高い選手が多かった。これまで対戦したチームも守備の激しさを持っていましたが、それでも自分たちのサッカーはできました。ですが今回は難しかった。昇格のためには、もっと良い準備をして良い結果を出せるようにしなければと思いました。

(残り 550文字/全文: 741文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ