【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

鍬先祐弥選手「率直に言って悔しい。決めきれないと目指すところに到達できなくなる」江川湧清選手「無失点は良いが昇格には勝ちが必要だった」【J2第29節:長崎vs相模原】試合後の選手コメント

〇鍬先祐弥選手

率直に悔しい。相手の守備も固かったんですが、後半は絶対的なチャンスも作れていた。でも、そこで決めきれないと自分たちが目指すところに到達できなくなる。前半にベンチから見ていて、(相模原が)こちらを研究してきていて、守備が固いと感じていました。出場したらボールを散らして、ゴールに迫るプレーを多くしていこうと思っていました。それができたところもあったんですが、最後の精度に課題を残したと思います。相手も素晴らしかったが、自分らがプレーの精度の低さを見せてしまい残念です。

(残り 453文字/全文: 693文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ