【サッカー人気4位】【山雅探報】J2残留へ!元川悦子が松本…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

松田浩監督「雰囲気や結果で過小評価せず、メンタルバランスを持って次へ挑みたい。山形はすごく良いチーム。ハードさを出して、インテンシティを保つことができれば十分に戦える」【J2第25節:山形戦直前コメント】

〇松田浩監督

-前節の相模原戦、前からくる相手をいなせるシーンで、それを出せないことがありました。その理由は何で、その修正を選手にどう伝えましたか。(ViSta(ヴィスタ):藤原裕久)

5バックのチームは、5人(1トップ+2シャドー+2ボランチ)でプレッシャーをかけてくるんですが、こちらの2トップとサイドハーフが相手の5バックを押し下げているので、こちらはGKを含めれば7人いるんですよね。7対5でハーフスペースでポゼッションしているわけですから、必ずどこかにプレッシャーのないスペースがある。ポゼッションは攻めなければ90分ずっとポゼッションできるものなんですが、それでは点が取れないので、勝たなければいけないこちらは、どこかで仕掛けなければいけない。

(残り 1789文字/全文: 2115文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ